ウーマン

【アンチエイジング】ほうれい線やたるみとサヨナラ

ほうれい線の施術

カウンセリング

たるみでできるほうれい線

ほうれい線ができてしまう原因には原因があります。元々の骨格に筋肉がつき、それが皮膚を押し出すようにシワができてしまいます。それでたるみができてしまいほうれい線になってしまいます。日本人の骨格はほうれい線ができてしまいやすく目立ちやすいのです。そのため、ほうれい線が気になるという方も少なくないと思います。また、筋肉そのものが衰えてしまい、頬を支えている筋肉がたるんでしまうことによってそれが原因でほうれい線ができてしまうのです。頬は大頬骨筋や小頬骨筋、頬筋や上唇挙筋など様々な筋肉が支えています。これらの筋肉は表情筋と呼ばれ、これらはデスクワークなどパソコンなどに集中して業務を行なう方によく衰えが見られます。これらのたるみが原因となってしまうほうれい線は美容整形で解消することができます。その方法をいくつかご紹介したいと思います。

ほうれい線の治療方法

筋肉がたるんでしまい、老けて見られがちなほうれい線が目立つようになってしまった方は、それらを解消する方法が3種類あります。ほうれい線の治療方法はヒアルロン酸注入と高周波治療、それに日帰りで行なうスプレッドリフトなどの手術があります。まず1つ目であるヒアルロン酸注入は気になるほうれい線をすぐに解消することができると話題の治療方法です。ほうれい線の原因である皮膚のたるみがある部分にヒアルロン酸を注入して、皮膚そのものを持ち上げてほうれい線を解消するという方法です。ヒアルロン酸注入はほうれい線だけでなく口元や目元のたるみなど、様々な気になる部分に即効性が高いことでたくさんの人に利用されています。それに、シワやたるみだけでなく、くちびるをふっくら潤いのあるようにしたり、あごに注入すると形を整えてシャープに仕上げたりと様々な手法に使用されています。次に紹介する2つ目の方法は、高周波治療によるほうれい線の解消です。高周波治療とは顔全体に熱を与えて弾力性あるコラーゲンを多く生成させる方法です。細胞本来の力を使って若返りの効果を得られる施術方法です。たるみを解消してほうれい線を無くすほかに、肌の弾力やリフトアップを感じることができます。細胞本来のコラーゲン生成能力を使用した方法なので、効果を実感できるまでに多少時間がかかりますが、確実に若返りの効果を感じることができると今話題になっているのが高周波治療です。3つ目に紹介するのが医療用に使われる糸を皮膚に通して、皮膚そのものを持ち上げるスレッドリフトという手術方法です。使用する糸も筋肉に合わせて動くような作りになっており、患者一人一人に合わせて調整できるようになっています。手術を行なった日からたるみの解消を実感することができて、ほうれい線がすぐに解消します。それにスレッドリフトは手術をした当日にはメイクをして帰ることができるほど、簡単に手術を受ける事ができます。安全性と確実性の両方を兼ね備えたたるみやほうれい線解消方法です。このように紹介したほかにも、たるみやほうれい線を解消する方法はあります。カウンセリングで理想の自分を伝えて、それにあった施術方法を選びましょう。